DS半導体コース

Data Science Semiconductor course

DS半導体コースでは、半導体デバイス製造プロセスにおける各工程の品質管理や製造プロセスの最適化による工場機能の最大化等に携われる技術者、研究者を育成します。

本コースでは、半導体製造プロセスを俯瞰することができる設計工程から製造工程、さらには各工程における品質管理に関する基礎知識を体系的に教育するとともに、データサイエンスの視点から半導体製造分野で活躍するために必要な専門科目を学びます。

具体的には、回路設計支援ツールを用いた実習科目や、実際の半導体製造プロセスを模した実験・実習科目、熊本地域の半導体関係企業・半導体製造関係企業でのインターンシップ等を含めた実践力を涵養する教育プログラムを提供します。

主な科目

人工知能理論、データ分析、実用英語、実践アントレプレナーシップチャレンジ、半導体工学、ディジタル電子回路 など

取得学位

学士(情報学)

取得可能資格

中学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(数学/情報) など

想定される進路

半導体関連企業をはじめとする製造業、情報通信業(IT企業)、流通・サービス、地方・国家公務員、学校教員 など

お問い合わせ

  • 熊本大学
  • 自然科学系事務課 情報融合学環教務担当
  • TEL : 096-342-2257